RYOTA OPP - esoterica | ゴヰチカ商店

1/2

RYOTA OPP - esoterica

¥1,650 tax included

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

R&Sを母体としたUKのレーベルMeda Furyからリリースされたアルバム"PALE LUX"が国内外で高い評価を受け、現在も様々な方面で活躍するRYOTA OPPのNew Album“Esoterica”が Tastee T ProductionからCassette Tape+DL CODE 、Meda Furyからデジタル音源とフォーマットを変え2レーベル同時リリース。

2011 年に処女作を送り出して以降、世界的な新世代のDisco/Houseシーンの台頭と日本のClubシーンに対し新しい創造性と挑戦を提示して来たRYOTA OPP。今回は以前までの作品にも増して、更に豊かな音楽性の表現を内包し、Disco/Houseというジャンルの垣根を超えた、新しいDance Musicの価値に挑戦している。 "esoterica" は従来のClub Musicと、古い原始的な音楽の狭間にあり、古い東欧の雰囲気を起点として、アジア、アフリカ、南アメリカのルーツミュージックへと手を伸ばす。作家の個人的な郷愁や旅情を散りばめ従来のクラブミュージックと一線を画す感情的な豊かさを表現している。サイケデリックでプライベートで、そして名もない旅の古びた、しかし新しいスナップショットのような音楽であり物語だ。 この音楽的旅情を彩るにあたり冒頭1曲目では様々なバンドで日本のアンダーグランドシーンを牽引するGo Max Goda(aka Kaeko Kimura) が シンセサイザーとして参加。旅の終盤に差し掛かる最後から2曲目のAstringencyではフレンチバンドLa ChatteのギタリストNicolas Jorioが哀愁のあるディストーションサウンドで幕引き前の盛り上がりを演出している。

カセットテープ音源とDL コード音源それぞれでマスタリングを行っており、カセットテープ、デジタル両方の音質で楽しめる作品になっている。また、DL コードデジタル音源は、DJ ユースを想定したマスタリングが施されたWAV音源となっている。

【RYOTA OPPプロフィール】

2011年に自らのレーベルFuture Lifeを立ち上げ1st アルバム「Unknown Place」をリリース。 2015年にはNick Williamsが運営するR&Sを母体としたMeda Furyから初となる12inch "Future Life EP" をリリース。DJ Mag Londonの新譜評価で最も高い得票を得て鮮烈なデビューを飾った。世界中の様々なラジオショーに出演、ロンドンのNTSではSun Ra Auchestraの一員Alex Raのインタヴューとコラボレーションするなど面白い試みを行っている。2015年にはIBIZA Global Radioにも登場。Red Bull Studioから中継されたDISKOTOPIA Radio 、ロンドンBrilliant Cornersから生中継されたDJ Live Set 。またIbizaベースのインターネットラジオ、Pioneer DJ Radioから日本人初となる Mixの発信が行われた。国内では井の頭レンジャーズやCat BoysへのRemix提供を行い、都内や地方などで精力的にDJを行ったりしている。
2016年暮れには、R&S / Meda Furyより2LPのニューアルバム "PALE LUX" をリリース。Phonica Recordsの2016 年ベストアルバムにノミネートされNick The Recordもレコメンドする。
またミュージックジャーナリストであるMary Anne HobbsがBBCの6 Music Recommendsで番組冒頭から放送するなど、様々な方面で話題を呼んでいる。
2017 年にはVinyl Factoryに武満徹氏の楽曲のみで構成されたMIXを提供。
レーベルメイトでもあるPletnevの作品 "St. Bones EP" にリミキサーとして参加。イタリアのレーベルLes Temps Perduからリリースされ国内外のDJからプレイされる。
2018年初頭はBerlin - London - Parisを渡るヨーロッパツアーを敢行。BerlinではAfrican Acid Is The Futureと共演。BPMやジャンルにとらわれないオリジナリティー溢れる演出を披露しフロアを熱狂の渦へと導いた。またPeeps' Nicheと共演したParisのGigでもロービートから始まるバレアリックサウンドからトライバルなミニマルトラックまで唯一無二な演出を行い、自身のスタイルを一層確立させるきっかけとなった。ロンドンの友人達と再発レーベルTime Capsuleを設立。レーベル第1弾のリリースとしてイタリア電子音楽のパイオニアIl Guardiano Del FaroことFederico Mon Arduiniによる1978年の傑作アルバム "Oasis" のキュレーションを手掛け9月にリリースされた。
そして2019年 "Pale Lux" に続く新作アルバム "esoterica" をリリース。

-----

冒頭から素晴らしくピースなアンビエントで幕を開け、白玉系ストリングスとライヒのようなマリンバがミニマルに続く。祝祭的トランスな展開もゴリゴリではなく、あくまでソフトなタッチが貫かれている。
ハウスな曲調にもゴルいタムが絡み、グルーヴィーな曲調で踊らせてくれる。渇いたニヒリズムを感じるミニマルな曲が多いのだが、サイケな生々しさが随所に残っているのがなんとも乙な作品となっている。

Side A
1.Esoteric feat. Go Max Goda a.k.a Kaeko Kimura
2.Sanctuary
3.Succession
4.Scope
5.White Birch
6.Deucer (slow)

Side B
1.Vibrant (slow)
2.Eathen
3.Charm
4.Astringency feat. Nicolas Jorio
5.Tranquil

https://soundcloud.com/tasteetproduction/digest-esoterica-ryotaopp

https://ryotaopp.bandcamp.com/album/esoterica

https://soundcloud.com/user-855543300

Tastee T Production(Japan)/ Meda Fury(UK)
2019年11月リリース

Add to Like via app
  • Reviews

    (101)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥1,650 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品