Lucia Nimcová & Sholto Dobie - DILO(Vinyl) | ゴヰチカ商店

1/6

Lucia Nimcová & Sholto Dobie - DILO(Vinyl)

¥3,300 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

私は全く知らなかったのですが、ウクライナのフロニキー(khroniky)という民謡はとても奇妙な存在です。穏やかなメロディーと暗い暴力の物語が混ざり合っており、苦難、殺人、拷問、収容所での死、大酒飲み、男を出し抜くこと、恋愛などが描かれています。結婚を揶揄する歌も多く、「ポトカ(女性器)の歌」と呼ばれるものもあるそうな。あまりにも下品だと思われたり、政治的に問題のある歌詞が含まれていたりします。歴史的に卑下されてきた少数民族ルシンのルシン文化の一部であり、そこで生まれ育ったフィルマーLucia Nimcováは幼い頃の記憶を頼りに、実感音楽家のSholto Dobieとともに2年以上かけてカルパチア山脈の高地にある村々を訪れ、歌を再発見しこの作品の製作に至りました。

「ルシン族のコミュニティはとても閉鎖的です」「誰かの歌を聴くために、何日も待たなければならないこともありました。とても個人的なことを話してもらう前に、彼らの信頼を得なければなりませんでした。結婚式では朝5時まで起きていて、そのまま朝の洗礼に参加したり、村人たちと一緒に干し草を集めて、作業中に歌ってもらえるようにしたりしました」。

アルバムタイトルである「DILO」は、1939年に赤軍がリヴィウに進駐した際に閉鎖されたウクライナの独立日刊紙にちなんで名付けられ、収録されている4つの長いトラックは、フィールド・レコーディングと歌を融合させたもので、洗練されていない、特権的な私的世界を垣間見ることができます。夏の暑さの中、犬の鳴き声や虫の鳴き声が聞こえてきたかと思うと、ハーディ・ガーディやバイオリンの音色が流れてきたり、悲しげな歌が田舎の背景音の中にそっと響いてくる。

「民族史について考えるとき、感性を持ってそれを記録するためには、多くの時間と愛情と敬意を持たなければなりません」「どの曲も、録音された空間の雰囲気や親密さを持っているので、それらを維持し、一緒に移動することが重要でした。」「キッチンや火のそばなどの家庭内の空間と、市場や牛小屋などの外界との間の旅を導き、時には中断させるものです。金属製の橋やフェンスをコンタクトマイクで録音したり、羊毛加工機を午後に録音したりしました。」

レコーディング中、ルシアはラフなメモや日記を書いていましたが、それらはブックレットの中で歌詞と一緒に紹介されています。大まかな翻訳ですが、これらのフォークソングの言語に潜む深みと驚くべき美しさを明らかにしています。

1.A cook cooked a lovely porridge
2.Materina dúška
3.Sing for myself
4.Cuckoo is cooing, lifeless in a world of misery

https://mappa.bandcamp.com/album/dilo

mappa(Slovakia)
2021年6月リリース

Add to Like via app
  • Reviews

    (101)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥3,300 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品