Katra Turana - Reboot(CD) | ゴヰチカ商店

1/3

Katra Turana - Reboot(CD)

¥2,500 tax included

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

36年ぶりというパワーワードが刺さるkatra Turanaの新作アルバム。デビュー当時を知る由もないですが、その独創性や前衛性が向けられたベクトルは変わらず、初期作品よりも漂う風土っぽさは何だろう。パスカルズでも活躍し、残念ながら2020年に鬼籍に入られた故・三木黄太によるチェロと松井亜由美によるヴァイオリンがとても太い背骨。廉潔であった私の青春時代を木っ端微塵に破壊してくれたいぬん堂より。CDです!

1. 朝も早よから (early in the morning)
2. 傘はアンブレラ ("KASA" == "umbrella")
3. 夜のラーガ (night raga)
4. the end
5. ホンタイジ・テレフォン猟奇譚~ナイアガラ (a bizarre tale of Hongtaiji-telephone ~ Niagara)
6. orange sunshine
7. okies-adutam
8. ツリガネムシの唄 (vorticella's song)
9. 足してみた (incremented)
10. あうのがつらいの (it's difficult to meet)
11. 20th century boy
12. children of the revolution

ヴォーカル、作編曲の広池敦が1980年に結成。初期のパフォーマンス集団的な活動を経て、82年に1stアルバム「Katra Turana」をテレグラフ・レコードから発表する。
このアルバムは英RECOMMENDED RECORDSを通じて欧州でも発売。
大幅なメンバーチェンジの後、30cmシングル「The End ― 肌理の勾配」(85年スウィッチ・レーベル)と2ndアルバム「KIMERA」(86年テレグラフ・レコード)を発表。
ファーストアルバム当時は、女装して妖しく歌う広池敦がクローズアップされることが多く、“怪奇骨董退廃音楽箱”とか“異形のチェンバーロック”などと評されたが、徐々にミニマルでサイケなアバンポップを目指すようになり、ベースの北島妙枝子が加入するとその傾向が顕著になる。
いずれにせよニュー・ウェーブの席巻した80年代においては異端であった。
90年ごろ自然消滅的に活動休止となっていたが、2015年12月に吉祥寺スターパインズカフェで20数年ぶりとなる復活ライブが実現。活動後期の音楽性をさらに推し進めたその演奏は、広池敦の中性的な妖しいパフォーマンスとともに、満員の観客を魅了した。今回のアルバムには新曲も収録されている。

https://inundow.bandcamp.com/album/reboot

いぬん堂(Japan)
2022年3月30日リリース

Add to Like via app
  • Reviews

    (101)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥2,500 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品